草刈りや抜根を行なう時期やタイミングを知ろう

2次被害を避けよう~定期的に手入れをする~ 2次被害を避けよう~定期的に手入れをする~

害虫被害のない庭に仕上げる~草刈りや抜根のタイミング~

草刈りをする際は、思いついた時に草刈り作業をするのではなく、草刈りをするのに適した時期を調べて行なうようにすると良いといえます。草刈りに適した時期に草刈り作業を行なうことで、景観を保てるだけでなく、害虫被害も抑えることも可能です。

草刈りを行なう目安

6月~7月
6月~7月は、雑草が蓄えていた栄養分を利用して一気に成長を始める時期です。雨の多い時期に差し掛かるということもあるので、草の伸びるスピードが早くなります。しかし、夏本番になるとより成長速度は増します。そうなると追いつかずに害虫も付きやすくなるため、この6月~7月に草刈りをしておきましょう。
9月~10月
9月~10月に草刈りをすると雑草に大きなダメージを与えることができます。なぜなら、この時期は雑草の勢いも低下しているからです。雑草の勢いが低下している時期に草刈りを行なうと、雑草が伸びるまでに時間がかかるので、その分草刈りをする頻度も減ります。
11月~12月
冬の時期に入ると、枯れる草が多くなります。その枯れ草が庭の周辺にあると、荒れた印象を与えます。しかし、草が枯れた時期に草刈りをすることで景観を保つことができるでしょう。また、枯れ草が成長することはないので、当分草刈りをしなくても景観を維持することができます。

時期を選び草刈りを行なうことは、大切です。業者に草刈りを任せる際は、どの時期に草刈りをしたいかを決めてからにすると良いでしょう。適切な時期に草刈りをすることで、害虫被害も最小限に抑えることができます。

1本から対応

樹木

庭にある木を1本だけ抜根したいという場合でも、業者はその依頼を請け負ってくれます。抜根は1本からでもやってくれるので、抜根の依頼をするタイミングなどは気にせずに気軽に相談をしてみましょう。また業者に依頼する際は、無料で見積もりもすることができるので、まずは見積もりをしてもらうと良いでしょう。

TOPボタン